ログイン パスワード

Welcome Guest 
XooNIps検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:815
ID tk02604
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 KJ00004728166.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 285.0 KB
Last updated : Jun 5, 2009
Downloads : 520

Total downloads since Jun 5, 2009 : 520
タイトル 紫黒米粥の見かけの粘度に及ぼす加熱調理の影響
別タイトル
Effects of Boiling on the Apparent Viscosity of Purple Rice Gruel
著者
中嶋,加代子 (NAKASHIMA,Kayoko)
岸本,律子 (KISHIMOTO,Ritsuko)
神戸学院大学
出版地 別府
出版者 別府大学短期大学部
日付
出版年:  - 
作成日
更新日
記録日: 2011-02-23
上位タイトル
別府大学短期大学部紀要 (Bulletin of Beppu University Junior College). No.26  (2007. 03) ,p.1- 5
識別番号
ISSN
02864991
抄録 モチ種紫黒米(朝紫)玄米飯を用いて,加熱時間の異なる粥を調製した。作りたての粥を万能こし器で飯粒と粥分離液に分け,粥分離液について液量および見かけの粘度を測定し,次の結果を得た。1.紫黒米玄米飯の粥分離液量は,測定温度20℃および40℃の場合,粥加熱時間が長いものほど多かった。2.紫黒米玄米飯粥分離液の見かけの粘度は,測定温度20℃および40℃ともに,粥加熱時間が長いほど粘度順位が高く,粥の加熱時間と粥分離液の粘度は相関関係にあった。3.同一加熱時間の紫黒米玄米飯の粥分離液を比較すると,測定温度40℃よりも20℃の方が見かけの粘度はすべて高値であった。
注記 挿図あり
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 別府大学短期大学部紀要 / 26(2007)
関連アイテム


Beppu University Information Library for Documentation