検索について         

検索語と検索語の間は必ず半角のスペースで検索してください。
詳細検索は、「タイトル(論題)」,「上位タイトル(誌名)」 
「著者」,「キーワード」などから検索できます。       

Welcome Guest 
XooNIps検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:769
ID gk02202
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 gk02202.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Jul 10, 2020
Downloads : 617

Total downloads since Jul 11, 2020 : 617
URI
タイトル 「言語美学」に関する文体論的考察
別タイトル
A stylistic study on ‘GENGO-BIGAKU’
著者
内山, 和也 (Uchiyama, Kazuya)
別府大学
[外部リンク]研究者総覧へ
出版地 別府
出版者 別府大学会
日付
出版年:  - 
作成日
更新日
記録日: 2020-07-11
形態
上位タイトル
別府大学大学院紀要 (Bulletin of Beppu University Graduate School). No.22  (2020. 3) ,p.1- 10
識別番号
ISSN
13450530
DOI
URI
JaLCDOI https://doi.org/10.32289/gk02202
抄録  小林英夫が提唱した日本語の文体論は、「言語美学」あるいは「美学的文体論」と呼ばれる。小林英夫は、昭和期に始まる日本語の近代的な文体論の初期の代表的な論者でありながら、その文体論は後代に継承されることがなかった。本稿では、小林英夫の「言語美学」を再検討し、その理論的な含意を明らかにするとともに、文体論の基盤を美学(感性的な認識のあり方を論じる学)に置いたことによる理論上の問題点とを指摘した。
キーワード
言語美学
美学的文体論
文体
感性的認識
小林英夫
NDC
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 別府大学大学院紀要 / 22(2020)
関連アイテム


Beppu University Information Library for Documentation