検索について         

検索語と検索語の間は必ず半角のスペースで検索してください。
詳細検索は、「タイトル(論題)」,「上位タイトル(誌名)」 
「著者」,「キーワード」などから検索できます。       

Welcome Guest 
XooNIps検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:691
ID gk02106
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 gk02106.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 903.3 KB
Last updated : Jul 16, 2019
Downloads : 1506

Total downloads since Jul 17, 2019 : 1506
URI
タイトル 洋画家原田直次郎の非嫡出子アルベルト・ナオジロー・フーバーおよびその母マリイ・フーバーに関する史料と鷗外筆『独逸日記』
別タイトル
Die Schriftquellen über Albert Naojiro Huber, uneheliches Kind zwischen dem Maler Naojiro Harada und Maria Huber, und“Das deutsche Tagebuch”von dem Schriftsteller Ogai Mori.
著者
安松, みゆき (Yasumatsu, Miyuki)
別府大学大学院文学研究科
[外部リンク]研究者総覧へ
出版地 別府
出版者 別府大学会
日付
出版年:  - 
作成日
更新日
記録日: 2019-07-08
形態
上位タイトル
別府大学大学院紀要 (Bulletin of Beppu University Graduate School). No.21  (2019. 3) ,p.77- 85
識別番号
ISSN
13450530
DOI
URI
抄録 森鷗外の『独逸日記』に登場する洋画家の原田直次郎は、鷗外によれば、ドイツ留学時に出会った現地の女性マリイとの間に非嫡出子があった。それが史実であることを裏付ける史料を二年前に三本松倫代氏が東京都公文書館で発見し、鍵岡正謹氏によって紹介された。筆者はそれに関連するドイツ側の史料を見出した。またそれとは別にマリイと非提出子のその後を示す新たな史料も入手した。それらをここに紹介しつつ、鷗外の説明内容と照合することで、原田に関する新たな情報を補う一方、鷗外の『独逸日記』が伝える事実関係の信憑性を検討する。
キーワード
原田直次郎
マリイ
鷗外筆『独逸日記』
原田の非嫡出子
ミュンヒェン公文書
NDC
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 別府大学大学院紀要 / 21(2019)
関連アイテム


Beppu University Information Library for Documentation