検索について         

検索語と検索語の間は必ず半角のスペースで検索してください。
詳細検索は、「タイトル(論題)」,「上位タイトル(誌名)」 
「著者」,「キーワード」などから検索できます。       

Welcome Guest 
XooNIps検索
  
     詳細検索
インデックスツリー

詳細



閲覧数:1606
ID gk01806
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 gk01806.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 300.0 KB
Last updated : Jul 13, 2016
Downloads : 1872

Total downloads since Jul 15, 2016 : 1872
URI
タイトル 戦後ドイツの美術復興の一考察-占領下のミュンヒェンの「芸術の家」の展覧会を事例として-
別タイトル
Über den Wiederaufbau der Kunst unter der amerikanischen Besatzung in München
著者
安松, みゆき (Miyuki,YASUMATSU)
[外部リンク]研究者総覧へ
出版地 別府
出版者 別府大学会
日付
出版年:  - 
作成日
更新日
記録日: 2016-07-01
形態
上位タイトル
別府大学大学院紀要 (Bulletin of Beppu University Graduate School). No.18  (2016. 03) ,p.57- 63
識別番号
ISSN
13450530
DOI
URI
抄録 第二次世界大戦終了後にアメリカ占領下となったドイツ・ミュンヒェンにおける美術はどのように復興をとげていくのだろうか。本論では敗戦後5年間に限定しつつ、ナチスドイツにおいて象徴的な役割を担った「芸術の家」で開催された主な展覧会を取り上げて、それらに共通する復興への意味を考察した。それによって、独裁政治下で圧殺された美術の復権を含めて、美術では多様な美の承認や人種や国家に拘束されないインターナショナルな関係が強調されて、ナチスからの離脱がすすめられていたことを把握しえた。
キーワード
占領下の美術
ミュンヒェンの戦後美術
表現主義
青騎士展
芸術の家
NDC
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 別府大学大学院紀要 / 18(2016)
関連アイテム


Beppu University Information Library for Documentation